地下水・温泉・地盤環境調査

トップページ > 業務内容 > 地下水開発

地下水開発

調査概要

近年、地下水調査の目的も多様化しており、水資源、建設工事、構造物の維持管理、地盤災害、土壌・地下水汚染などがあげられます。
地下水調査の最大の特殊性は、調査目的により、その対象領域が著しく異なり、それに応じて調査方法も変わってくることです。また、対象地盤の種類によっても適用される調査法が異なります。よって、地下水調査においては、調査目的に応じた調査手順の計画が重要となってきます。

探査手法 探査深度(m) 調査目的
0〜10 10〜200 200〜
電気探査 垂直電気探査 水資源
比抵抗2次元探査 水資源水資源・
構造物維持管理(水みち)
自然電位法 × 構造物維持管理(水みち)
電磁探査 CSAMT法 × × 水資源
EM探査 × × 構造物維持管理(水みち)
地温探査 1m深地温 × × 構造物維持管理(水みち)
熱量法 流向流速測定法 × × 土壌・地下水汚染

調査結果例

■結果図例(平面図)
結果図例(平面図)

※図をクリックすると拡大図が表示されます。